L'atelier de Vivace新鮮野菜のブッフェが人気のイタリアンレストラン!静岡県富士市【ラトリエ ヴィヴァーチェ】

せりちゃんのワインのお勉強①

2015.11.25

皆様こんばんは♬

ラトリエヴィヴァーチェの芹澤です。

 

さてさて、しばらくワインブログからは離れてしまっていましたが、この度気の向くままに再開いたします⭐︎

 

再開一回目は、ブルゴーニュの優良生産者からこのワイン

img58678213

「Domaine Joseph Roty Gevrey Chambertin cuvee de clos prieur bas 2007」

    ジョセフロティ ジュヴレ・シャンベルタン クロ・プリュール

 

ジュヴレ・シャンベルタンという、ブルゴーニュにおいての銘醸地で作られるワイン

村名(格付けの畑ではない)のワインですが、果実の放銃な香りとともに、野性味溢れるスパイスやレザーの香り、凝縮した果実味と骨格を支える酸とタンニンが余韻に長く続く・・・。

開けたては尖っていますが、徐々に花開く力強いワインです。

 

ではでは、ジョセフロティという生産者にフォーカスしていきます。

もともとワイン用の樽作りを行う職人の家系、ワイン作りを始めてからは12代目にあたります。

リュットリゾネ(減農薬栽培)を行うなどの特徴もありますが、なんといってもやはり樽使いが特徴的。

 

木目が細かく、繊細でエレガントな香りが生まれる、最高級の「トロンセ産の樽」を用い、なんと1年もの間樽で熟成させます。

元々古木が多いロティの畑。

そこから生まれる、エキスの凝縮した葡萄だからこそ、樽の香りに負けない偉大なワインが生まれます。

 

最近では、かのロマネコンティを生み出す「DRC」と同じ設備を導入し、テロワールのさらなる表現に力を入れています。

 

是非当店で、お試しくださいませ⭐︎

 

コックオーヴァン・・・

ブッフブルギニョン・・・

 

今の季節だけご用意がございます♬

 

最高のマリアージュをお楽しみください⭐︎

 

 

芹澤 満久

 

 

 

Copyright (c) Vivace All Right Reserved.