L'atelier de Vivace新鮮野菜のブッフェが人気のイタリアンレストラン!静岡県富士市【ラトリエ ヴィヴァーチェ】

キノコの魔術師

2015.11.12

食の大国フランス、

特に自分が素晴らしいと感じるのは地方にあるオーベルジュの力です。

フランスならではの食文化の発展で見逃せないポイントとして、

“ギッド ミシュラン”

通称赤本と呼ばれるレストランガイドなどの発達も

ヴァカンスを大切にするフランス人の余暇の過ごし方の中で良い指標になっていました。

グルメ本の中でライターによって描き出されるシェフたちはまるでスターのように扱われ、

とりわけ3つ星シェフはその土地の名士にもなります。

その町に3つ星レストランがあるだけで町は観光地として発展して、

レストランを中心として・スヴェニールショップ ワインショップ・ホテル

ひいてはガソリンスタンドや、土地のワイナリーなども恩恵を受けます。

>

 僕の経験したことのあるオーベルジュでは

ヴィエンヌのピラミッド・ヴァランスのピック(ピックは町中にシェフの写真が貼ってあった想い出が・・・)

・ビアリッツのロジェ エギュスキロール・ピュリニーのル モンラッシェ・・・・など、

 地方にあるオーベルジュは、そのオーベルジュを中心に街が広がっていて、

フランスにおけるシェフという職業の社会的地位の高さに驚かされます。

 その中でレストランになくてはならない“スペシャリテ”と呼ばれるいわゆるシェフの最も得意とする料理をそれぞれのレストランでは 持っています。

ギッドミシュランにもコメント欄にシェフのスペシャリテが有名なレストランには一言添えられています。

 この季節になると僕はどおしても行きたくなる憧れのオーベルジュがあります。

(ジャック・レジス・マルコン)

  “キノコの魔術師”

そう呼ばれ続けるシェフが

フランス ブルゴーニュ地方の3つ星オーベルジュにいます。

スペシャリテがキノコ!!

普段なじみがあるキノコは日本人ならシイタケ・しめじ・マイタケ・なめこ・・・

高級品でまつたけ???

そんなイメージかと思いますが、実はフランス料理の世界ではキノコ

た~くさん使うんです、

有名なセップタケ・モリーユ・トロンペット・あんず・

あしなが・卵・・・

皆さんご存知のマッシュルームにトリュフ

<hrstyle="visibility:hidden;clear:both;"/>

富士山の裾野でとれるものと全く同じキノコも多くあります。

秋になると野生きのこは香りよく、

料理の中に忍ばせれば最高の調味料のひとつになってくれます。

ワインの中にもキノコの香りのあるワインがあって、

そんな料理たちと共に至福のひと時を過ごしてみたいなと思う

素晴らしいオーベルジュです。

僕も近じか富士山に行って野生のキノコを採りに行ってみたいと思います。

そして、ヴィヴァーチェのダイニングで

皆様においしい野生キノコを味わって頂きます!!

 

 

Copyright (c) Vivace All Right Reserved.