L'atelier de Vivace新鮮野菜のブッフェが人気のイタリアンレストラン!静岡県富士市【ラトリエ ヴィヴァーチェ】

今日も生意気に語りまっせ( ゚Д゚)

2015.4.10

我々の仕事はサービス業、接客です。

最近は「接遇」なんて言われ方もしますね。

接遇とは「相手も楽しいが、自分も楽しい事。相手も幸せだが、自分も幸せである事」という定義あるようです。

それは余談として。。

我々サービス業をしている人間にとって、ましてやレストランに勤めている私達にとっての目的。

それは「滞在しているお客様に楽しんで頂く事」です。

最大のといっても差し支えない目的であると思います。

では「楽しんで頂く事」の定義は?

何をもって「楽しい」とするのか?

非常に難しい問題です。

お客様によって求めるものは違いますし、感性も違います。

全てのお客様に100%楽しんで頂けるたった一つの方法なんてありません。

あるとすれば「笑顔」ぐらいでしょうか。

笑顔が嫌いな方はいませんから。

お客様が10組いれば、10通りのサービスが存在します。

「このお客様は、一体何を望んでいるか?何を期待しているか?」

それを察知するアンテナが常に立っていないと感じる事はできません。

アンテナを常に立てるには、毎日の業務の中で、いかに目標なり目的を作る事。

例えば「今日はお客様に言われる前に先読みできるようにしよう」とか「今日は担当した全てのお客様に名前を覚えてもらおう」などです。

何も考えずに、ただ業務をこなしているだけでは、1通りのサービスを10組のお客様にしてしまいます。

ある程度のレベルのサービスマンにとっては、当たり前の話です。

しかし、毎日業務に追われていると、こんな事も忘れてしまいます。

毎日続けていく事は、相当な根気と努力が必要。

でもサービスにとって、それが一番大切な事。

当たり前の事が、実は一番大事な事。

当たり前の事を、当たり前にやる事が一番難しいのです。

「勝利は根強い者に戻ってくる」

「振り返らず前を見て、事を成すべし」

「失敗は成功への足がかり」

「努力を持続、継続できる事は才能である」

Copyright (c) Vivace All Right Reserved.